国立広島商船高等専門学校
文部科学省 地(知)の拠点

MENU

内航振興

外航基幹船舶の寄港促進のための内航フィーダーネットワークの構築

永岩 健一郎(流通情報工学科)・松尾 俊彦(大阪商業大学)
新谷 浩一(東海大学)・田中 康仁(流通科学大学)

日本の貿易と国際競争力を維持するうえで,国際海上コンテナ基幹航路の日本寄港を確保することは非常に重要であり,国内ハブ港がその機能を担うことになる。一方,地方港発着の国際コンテナ貨物は,国内ハブ港において基幹航路に接続できることが安全かつ質の高い国際輸送サービスを提供するうえで望ましいが,現状においては釜山港を中心に海外トランシップの利用が多くを占めている。国内ハブ港の機能拡充と地方港の安全で質の高い国際輸送サービス機能を確保するうえで,国内ハブ港と地方港を結び,これらの港湾間で地方の貨物を集荷配送する仕組みとして内航フィーダー輸送ネットワークの拡充が必須である。そのため,海外トランシップに対抗できる貨物ボリュームを確保し,内航船による効率的な集配ネットワークを検討する必要がある。本年度は,内航フィーダー船社へのヒアリング調査を主として行い,現状の問題点や今後の研究方針のまとめを行った。

nagaiwa

本研究は科学研究費補助金・基盤研究(C)によるものである。
公開日:2014年6月12日

PAGETOP
Copyright © 広島商船高等専門学校 All Rights Reserved.