国立広島商船高等専門学校
文部科学省 地(知)の拠点

MENU

愛媛県内子町視察

   愛媛県内子町視察について

田上 敦士(流通情報工学科)

平成27年1月29日に愛媛県喜多郡内子町を調査のために訪問した。参加者は,16名(本校教員4名,本校事務員3名,校外参加者8名)である。
当日は,八日市護国重要建造物群保存地区にある,「八日市・護国町並み保存センター」所長の畑野氏に,町並み保存,産業振興,定住促進などについて詳細な説明を受けた。その後,町並み保存地区および道の駅「内子フレッシュパークからり」を訪問した。
内子町は,人口17,781人(平成26年1月時点の推計)であり,人口では本島の二倍程度の山間部の町であり,江戸期には木蝋と和紙の生産集積地として栄えた。
その後,大正期には木蝋はすたれ,高度経済成長期には中山間地域にありがちな,寂れていくかつての繁栄地域の一つであった。
転機がおとずれたのは,昭和50年代初頭に,古い家並みの見直しが提唱されたことにある。その後,昭和55年には内子町伝統的建造物群保存地区保存条例が制定され,昭和57年には国から四国初の「重要伝統的建造物群保存地区」として選定された。以後,継続的にさまざまな取組が進められた。
また,地域農産物の直売所として「内子フレッシュパークからり」がある。この施設は86年1月に開講した内子町知的農村塾を起源とする。その後,産直施設を開設し(1994),第三セクターとして設立(1997)して,2005年には利用者300万人を突破している。また私たちが訪問した翌日(1月30日)には、全国モデル「道の駅」の選定を受けている。
その結果,内子町,道の駅からり等に関連する主な表彰・指定だけで,次にあげるとおりである。所長畑野氏の言葉を借りれば,まさに“受賞”のラッシュである。

表1 内子町の表彰・指定例および町による地域振興施設設置年(抜粋)

1982 八日町護国の町並み「重要伝統的建造物群保存地区(文部科学省) 2005 内子町八日市・護国町並み保存センター設置(内子町)
1986 日本の道100選(建設省) 2007 都市景観対象 美しいまちなみ優秀賞
1986 潤いのあるまちづくり賞(自治省) 2008 農商工連携88選(経済産業省)
1987 内子フレッシュパークからり開設 2009 ミシュランガイド日本編一つ星(日本ミシュランタイヤ)
2001 かおり風景100選(環境省) 2014 全国モデル「道の駅」(国土交通省)

町の中心から少し距離がある石畳地区では,地区内の農家を移築して作った宿泊施設『石畳の宿』があり,復元された水車小屋が3基ある。これらは町職員の働きかけにより誕生した地域有志組織「石畳を思う会」によるものである。ここでは,地域住民が資金を出し合い,水車小屋の建設を行った。また,スイスの農村を先進地域とし,その事例研究を自ら企画し,自弁での訪問を繰り返しているという。住民自身の積極性が特筆される。
当然ながら,いずれの場合にも町職員の役割は大きい。とりわけまちづくりセンター初代所長の岡田文叔氏の功績は大きく,氏が多くの道筋を描き・実施してきたといっても過言ではない。いわゆる優秀な“まちづくりコーディネータ”である。当然のことながら活動したのは氏一人ではなく,仕組みと住民を巻き込んだ取り組み他は,以下の点が特筆される。
1)自治会組織への職員の関与:町には41の自治会があり,それぞれが地域振興のために10年計画を立てる。その折に,各地域出身の町職員3名ずつがその地域を担当する。
2)職員の専門性:まちづくりにかかわる職員は異動が少なく,専門性を向上させ,また斯界の専門家とのネットワークの構築育成に力を注いでいる。
3)住民の自主性を引き出す:ここまで見てきたように,内子町の「まちづくり」では役場はコアとなる役割を果たすが,住民のサポートに徹している。
4)成果が目に見える:カラリはいわゆる産直施設のはしりである。ただ,早いだけではなく,売上げは年間6億円から7億円程度にのぼり,出店している農家の婦人たちにとっては大きな励みになっている。売上が多い人では年間1,000万円を超えるという。

以上,地域研究として,廿日市・護国町並み保存センター畑野氏から内子町における産業振興・定住促進についての話を伺った。まちづくりには “若者,バカ者,よそ者”がいると言われている。町の振興過程の視点から見ると,内子町のイノベーションには岡田文叔氏が大きくクローズアップされる。岡田氏の飛びぬけたアイデアと果敢に挑戦する姿勢・活動は町の振興を試みる人々にとって,参考にすべき目標であり,大きな精神的な支えとなった。
uchiko1uchiko2

(公開:平成28年4月)

PAGETOP
Copyright © 広島商船高等専門学校 All Rights Reserved.