国立広島商船高等専門学校
文部科学省 地(知)の拠点

MENU

Website情報発信

Websiteによる情報発信

岩切 裕哉(流通情報工学科),村上 定瞭(校長),松島 勇雄(電子制御工学科)

概要 COC事業活動の状況や成果のWeb情報発信(http://coc.hiroshima-cmt.ac.jp/)するWebサービスの内容を紹介する。現在,WebサイトによるCOC情報発信は,事業紹介,離島課題,地域教育,離島研究,社会貢献,大崎上島,瀬戸内海の離島,日本の離島,イベント紹介をトップページにタグとして,それぞれ関係する小ページ,孫ページという構成としている。Webサーバの管理運営において,分野ごとの情報発信については,現在のところ,各分野の班員によるWeb情報発信ができる体制ではない。今後は機動力のあるWebサイトの内容の充実に向けて体制の構築を行う。

キーワード 情報発信/Website/Webサーバ/コンテンツ

1.はじめに

本COC事業の目的は,瀬戸内海の真中に位置する「大崎上島」に立地する国立高専として,自治体・各種団体・住民と連携・協力して,離島ニーズに沿った教育研究のあり方を模索した結果,学科・専攻科の教育改革を推進するとともに,離島地域の活性化のための研究と社会貢献を行うこととなった。
本稿では,COC事業活動の状況や成果を提供するWebサイトの情報を階層構造して,情報発信している。その具体例について紹介する。

idling1
図1 COC事業トップホームページ

2.情報発信システム

平成25年度にWebsiteサーバのハードウエアの構築を終了した。今年度は情報の収集に努めた。Websiteサーバは公開するものである。そのため,外部に比較的安全に接続できるようにDMZ(内部ネットワークとインターネットの間に設置した,隔離されたネットワーク領域)で稼動する(図2)。

idling1
図2 大学COC事業の情報発信システム

 

3.情報発信の内容

3.1 発信情報の内容

発信情報の内容は,事業紹介,離島課題,地域教育,離島研究,社会貢献,大崎上島,瀬戸内海の離島,日本の離島,イベントに分類している。
(1)ホーム(トップページ)
COC事業名,スライドショー,親メニュー,地域教育・離島研究・社会貢献の概要,検索としている。スライドショーは島に関係する写真を組み合わせて表示しており,閲覧者が離島・離島問題への関心が深めることを期待して配置した(図1)。
(2)事業紹介
本事業紹介では,本校校長・大崎上島町長の挨拶,事業概要,イラスト,報道記事などにより,COC事業全体の枠組みの情報を提供している。
(3)離島課題
離島課題では,全国離島や大崎上島が抱える課題について,現在公表されている資料データを引用して解説をしている。
(4)地域教育
地域教育では,育成すべき人材像,本校の学習・教育目標(A)~(E)に対応する地域志向科目の授業内容を解説している。
(5)離島研究
離島研究では,離島課題を人口・動態,政策・財政,交通,情報・通信,産業,生活・環境,医療福祉,教育・文化,観光・交流,エネルギー,防災・安全,情報発信に分けて,それぞれの研究分野を情報発信する。
(6)社会貢献
社会貢献では,学生教育,教育支援,障がい者・高齢者支援,地域交流,環境美化などに分けて,それぞれの社会貢献活動を情報発信する。
(7)大崎上島
大崎上島では,本島の生活,産業,自然,名所,文化,伝統などについて,それぞれの分野の状況を紹介する。大崎上島の文芸家が自費出版した書籍などを電子化して,Web発信する作業も本事業の重要な活動の一部である。書籍の電子化は学生が担当する。また,大崎上島のイベント(お祭・神輿担ぎ,櫂伝馬など)の状況も情報発信する。
(8)瀬戸内海の離島
瀬戸内海の離島では,内海離島の情報発信を行う。内海離島は外界離島と比較して,文化・交通・経済圏の違いなどにおいて異なる特性をもっている。ここでは,内海離島の生活,産業,自然,名所,文化,伝統などについて,それぞれの分野の状況を紹介する。
(9)日本の離島
日本の離島では,離島関係団体の情報や国内の各離島の生活,産業,自然,名所,文化,伝統などについて,それぞれの分野の状況を紹介する。
(10)イベント
本COC事業で開催されるシンポジウム,講演会,講座,成果報告会などの内容と様子について情報発信する。

3.2 発信情報の構造化

上記3.1に示した情報発信の内容を構造化して図3に示す。
緑色で示した項目は,情報構造の親ページでトップページ上に表示されている。灰色で示した項目は,それぞれの親ページで示す分野の子ページであり,それらを線で結んでいる。トップページの親ページ上をマウスが移動することにより色が変わるようにしている。図には表示されていないが,子ページと同様な関係として孫ページもある。

idling1
図3 Web情報発信の管理運営の概要

4.情報発信の管理運営

4.1 Webサーバ管理

Webサーバは,情報担当教員と技術支援センター情報系技術職員が管理している。

4.2 Web情報発信の設計と作業手順

Websiteの設計は情報発信班で管理運営している。情報発信班は,情報担当教員を責任者とする教員・情報系技術職員数名で構成されている。

4.3COC活動情報の収集・編集と入力・更新(Web言語化)

分野別Web情報の発信は,各分野で管理運営することとしている。現在のところ,分野ごとの発信作業が技術的に困難であるので,情報発信班が分野別のCOC活動についても管理運営を行っているところである。
現在,研究会などを開催して,図4にあるような手順により,段階的に各分野班で情報発信できる体制をとっている。
なお,本校Websiteは,一部を除き,事務部各課・各係で担当業務に関しては情報発信ができる体制が構築されており,このWeb管理体制を準用して,本COC事業に情報発信に係る目標の達成を目指す。

(公開:平成28年3月)

PAGETOP
Copyright © 広島商船高等専門学校 All Rights Reserved.