国立広島商船高等専門学校
文部科学省 地(知)の拠点

MENU

3D案内システム

発電所内3D案内システムの開発研究(概要)

岩切 裕哉(流通情報工学科)・大崎クールジェン株式会社

大崎上島町に建設中の酸素吹IGCC実証試験発電所の外観や内部を3Dグラフィックスで再現し、タブレット端末等を用い、発電所内を歩いて見学するような感覚で体験できる発電所内3D案内システムである。また、石炭のガス化から発電までの様子を3DCGでアニメーションで見ることができ、見学者に発電の仕組みを分かり易く伝えることができる。
本システム開発では、流通情報工学科の3~5年生の学生6名がこの製作に取り組んでいる。見学者がタブレットで操作しやすいユーザインタフェースを考えながら製作している。また、中国電力株式会社柳井発電所や電源開発株式会社若松研究所の協力を得て、火力発電所実機を見学し、発電所の3Dグラフィックス製作の参考にした。

iwakiri2-1
システム開発に取り組む学生
iwakiri2-4
タブレット表示3DCGによる発電所の仮想見学-発電所全景
iwakiri2-2
発電所の仮想見学-タービン建屋の外観
iwakiri2-5
発電所の仮想見学-石炭ガス化設備の外観
iwakiri2-6
発電所の仮想見学-石炭ガス化設備の内部構造

関連情報
広報誌「大崎クールジェンプロジェクトガイド」vol.2, p.4, 2014年1月22日
石炭ガス化複合発電(IGCC)


公開日:2014年4月19日

PAGETOP
Copyright © 広島商船高等専門学校 All Rights Reserved.