国立広島商船高等専門学校
文部科学省 地(知)の拠点

MENU

中野八幡神社

観請の年代はわからないが、文亀2年(1502年)の社殿造営の棟札が残っています。拝殿は平成16年に再建された新しいもの。内部には、かって多くの船持ちが航海の安全を願って奉納した船絵馬が飾ってあり、中でも町の重要文化財となっている長さ約2mの「奉納弁財船」は、海運と造船で栄えた当時の繁栄ぶりを伝えるもので、明治時代の船持ちが寄進した重要なものです。
秋季大祭
八幡神社の秋季大祭は、五穀豊穣と家内安全を願って、現在では9月の第4土・日曜日の2日間にわたって行われています。祭りは、当番区である当家区の集会所等から可愛らしい稚児行事が神社に練り歩き、境内では力強い奉納太鼓と2基の神輿が激しくぶつかり合うけんか神輿が奉納される勇壮な伝統行事です。

nakano-hachiman_1

PAGETOP
Copyright © 広島商船高等専門学校 All Rights Reserved.