国立広島商船高等専門学校
文部科学省 地(知)の拠点

MENU

海と島の歴史資料館

海と島の歴史資料館

<大望月邸>大望月邸は、明治8年に建造され、瀬戸内海でも有数の廻船問屋の遺構です。建築した望月東之助は、江戸時代末期から明治時代にかけて活躍した豪商で、海運、造船、塩田、酒造業で栄え、町の経済を支えました。東之助には、四男四女がありましたが、その多くが政治の世界に進み、中でも、三男の圭介は、その人柄から「人情大臣」との異名を受け、多くの人から敬愛されました。
「栄華の時代」を築いた望月家の優雅な暮らしと歴史を時空を超えて、今ここに再現します。
<庭-潮騒ぎが聞こえる美の和空間>大望月邸の白壁をづくりの長屋門を抜けると、白砂の庭が広がり、、そこに暮らした望月家の人々の声と潮騒が響く、過ぎし日々を懐古できる空間を演出します。
<間-島の文化と古建築>魅力ある島の文化と観光。勇壮な海の採点「櫂伝馬」と美しい海を優雅に泳ぐ「スナメリ」が大崎上島の四季を彩り、伝統技術と、梁の力強さが時空間へと誘います。
<座-畳の間に島の歴史>優雅な大広間に広がる畳敷きの空間に、島の歴史と文化を感じ、望月家が残した足跡を思う。時空の壁を越えて、歴史を体感するひとときを味わえます。
<蔵-豪商「大望月邸」ゆかり>造船、海運で栄えた文化財や美術館の数々と、廻船問屋として財を成した東野の豪商たちに受け継がれてきた。数々の見よくある貴重な品々を一同に展示しています。


<建築様式>
明治8年(1875)より基礎工事に1年をかけ、完成まで6年の歳月を費やした通称地獄造りと呼ばれる豪壮な建物。
 主要材は、「ツガ・檜(ヒノキ)・欅(ケヤキ)、土台には栗」を使うなど材料を吟味して、木組は釘を使わず、全て「ハメ込み、組み込み」で建築されている。
①母屋は入母屋造り2階建て、2階部分は造船の技術を導入した「船がいつくり(腕木づくり)」で大屋根を支えている。
②大屋根は「むくり屋根」で、煙抜きの小部屋を設置。
③居間(納戸)の押入には「2階の隠し部屋」に通じる階段を設置。
④建坪:母屋(入母屋造り)一部2階→176坪(581m2)
   :長屋門→29坪(96m2)
   :蔵(展示棟)→15坪(49m2)  計:220坪(726m2)

望月邸
望月邸
望月邸全景
望月邸
望月邸中庭
望月邸
望月邸主庭
望月邸
望月邸間-展示品陳列-蔵(隣接)


文章は「海と島の歴史資料館」パンフレット(大崎上島町発行)からそのままを引用しました。

PAGETOP
Copyright © 広島商船高等専門学校 All Rights Reserved.