国立広島商船高等専門学校
文部科学省 地(知)の拠点

MENU

体験航海・海上教室

地域児童・生徒への教育支援-練習船「広島丸」を活用した体験航海・海上教室-

清田 耕司・茶園 敏文・薮上 敦弘・大内 一弘(広島丸)

概要 練習船「広島丸」は,実海域における船員教育の場であるとともに,小・中学生から一般市民が海や船に親しむ気持ち(慣海性)を高める場としての役割も建造の設計思想として盛り込まれている。その大きな一つが「みる」ということである。乗船した者は,常に視線の先に海があり,機関制御室からメインエンジンや発電機が一望できる。このような広島丸の特性を活かして,地域への社会貢献や教育支援の一貫として,体験航海や海上教室を本校の公開講座はもとより,尾道・三原・大崎上島・呉・広島・北九州などで国交省・海上保安庁・地方自治体等からの要請による様々な社会貢献活動を実施している。体験航海・海上教室は,学校単位や公募(抽選)で乗船者を募り,一般公開は本校の商船祭や帆船フェスタひろしま等でそれぞれ実施している。このような取組に対して,乗船者(来船者)から多大な好評を得ている。

キーワード 地域貢献/海に親しむ/体験航海・海上教室/一般公開/出前授業/大崎上島・瀬戸内海

1.はじめに

本校練習船「広島丸」は,平成9年1月に就航後から、学生の船員教育だけでなく地域貢献活動にも活用されている。「海に慣れ親しむ」機会の提供を目的として,竹原青年会議所共催の小学5・6年生対象「瀬戸内“夢”航海」,江田島青少年交流の家共催の一般市民対象「体験航海セミナー」及び、海の日記念行事として大崎上島町木江地区や尾道市での小・中学生対象「体験航海・海上教室」を行ってきた。加えて,県内地方自治体や県外(北九州市)からの要請による「体験航海・海上教室」や「練習船の一般公開」も実施してきた。また,地域児童・生徒への教育支援として,本校主催の「体験航海・海上教室」の実施、近隣小中学校からの要請による「海洋環境や船舶」,瀬戸内海や大崎上島周辺海域に関する「出前授業」を実施している。

2.教育支援内容

2.1 体験航海

乗船定員(旅客定員)を100名として,船員及び保安・案内スタッフを加えて,約130名で実施している。保安・案内スタッフとして教職員だけでなく専攻科生及び本科生から多くの学生がスタッフとして乗船しており,一般の乗船者に怪我などの事故もなく行うことができた。広島丸は,練習船であり旅客船ではないため階段の角度が急であるので,多くのスタッフの監視や注意によって,事故を未然に防ぎ無事に実施することができた。体験航海は,本校に加えて、大崎上島町木江地区・尾道市・三原市・呉市・広島市・北九州市で行った。

2.2 一般公開

本船の内部構造は複雑である。一般公開では、見学者が戸惑うことなく船内見学ができるように,順路を設定・表示した。
一般公開では、航海実習・遠洋航海実習の様子や海洋環境についての写真を多く展示し,船員教育への理解や海洋への関心を深める機会となるよう配慮した。

2.3 海上教室

海上教室における航海中では,非常時の避難訓練を目的として、救命設備の紹介や実際に救命胴衣の着用を行った。また、船舶の運航で重要なロープワークとして、よく使われるロープの結び方の実技を行った。船内見学では、参加者は、グループに分かれて船内各所を巡り、それぞれの説明を受けた。

2.4 出前授業

体験航海・海上教室の事前学習として,7月に海や船の基礎知識、海から見た瀬戸内海・大崎上島周辺海域の様子及び海藻「アマモ」についての出前授業を行った。
受講者(中学生)には,これまでとは違う視点で周りの海を眺めてもらうことを投げかけ,航海体験・海上教室(8月)に向けてふるさとの海へ関心を持ってもらうように伝えた。

2.5 海洋体験教室

参加者を3つのグループに分け,海洋観察(シーカヤック体験とアマモ観察),海水観測(採取した海水などを用いて,透き通り具合やCODのパックテストを行う),船内見学(夏期に行っているため,水分補給を兼ねて行う)の3つのプログラムを行った。参加した中学生は,大崎上島の海を十分に体感する機会となった。

3.教育効果

平成25年度の各行事は,天候に恵まれほぼ予定通りのプログラムを実施することができた。どの行事においても参加者・来船者から「楽しかった」,「良い経験になった」,「海や船がより好きになった」と好評を得ることができた。
体験航海・一般公開等を通じて,海に慣れ親しむ機会や海への関心を深める動機づけになったと思われる。

4.まとめ

各行事を通して,広島丸の役割の一つである,海に慣れ親しむ機会の場となったと思われる。今後もさらに,本校の所在する大崎上島周辺の良い海洋環境を活かして,次世代のこども達に海洋への関心や海洋環境の保全へ関心を深める活動を続けていきたい。

(次ページに続く)


PAGETOP
Copyright © 広島商船高等専門学校 All Rights Reserved.